Nedia What's up!

ネディアのエンジニアによるIT技術やサービスの紹介・検証などをお届け!

【Tips No.1】Windows 10にアップグレードしたパソコンをWindows 7やWindows 8.1に戻すと言語バーが表示されない場合の対処方法


Windows 7やWindows 8(8.1)がインストールされていたパソコンをWindows 10にアップグレードした後に、回復機能を使用してWindows 7やWindows 8(8.1)に戻すと言語バーが消えてしまって、日本語が入力できなくなる場合があります。
その場合は下記の対処方法を行うことで、症状が改善する可能性がありますので、お試しください。

なお、この方法はWindows 10にアップグレードしたパソコンをWindows 7やWindows 8(8.1)に戻した際に言語バーが表示されない場合だけでなく、通常利用時に不具合が発生して言語バーが表示されなくなった場合でも有効です。

テキストサービス(ctfmon)を実行する (Windows 7 編)

言語バーの表示に関わるプログラムとなるテキスト・サービス(ctfmon.exe)を実行するには、以下の操作手順を行ってください。
※本来はWindowsの起動と同時に本プログラムが自動起動するようになっているのですが、言語バーが表示されない場合は本プログラムの自動起動に問題が発生している可能性が高いです。

「スタート」をクリックし、「プログラムとファイルの検索」ボックスに「ctfmon」と入力します。

tips_20

検索結果の一覧が表示されます。
「プログラム」欄から「ctfmon」(または「ctfmon.exe」)をクリックします。

tips_21

言語バーが表示されたことを確認して、パソコンを再起動します。

tips_22

以上で操作完了です。

Windows を再起動し、言語バーが表示される事を確認してください。

なお再起動後に言語バーが消えてしまった場合には、「2. テキストサービス(ctfmon.exe)をスタートアップに登録する」を行ってみてください。

テキストサービス(ctfmon)をスタートアップに登録する (Windows 7 編)

テキストサービス(ctfmon)をスタートアップに登録するには、以下の操作手順を行ってください。

「スタート」をクリックし、「プログラムとファイルの検索」ボックスに「ctfmon」と入力します。

tips_20

検索結果の一覧が表示されます。
「プログラム」欄から「ctfmon」(または「ctfmon.exe」)を右クリックし、表示された一覧から「送る」にマウスポインターを合わせ、「デスクトップ(ショートカットを作成)」をクリックします。

tips_23

デスクトップ上に「ctfmon – ショートカット」アイコン(または「ctfmon.exe – ショートカット」アイコン)が作成されます。
「ctfmon – ショートカット」アイコン(または「ctfmon.exe – ショートカット」アイコン)を右クリックし、表示された一覧から「切り取り」をクリックします。

tips_06

「スタート」→「すべてのプログラム」の順にクリックし、表示された一覧から「スタートアップ」を右クリックして、「開く」をクリックします。

「スタートアップ」が表示されます。
何も表示されていないところで右クリックし、表示された一覧から「貼り付け」をクリックします。

tips_09

「ctfmon – ショートカット」アイコン(または「ctfmon.exe – ショートカット」アイコン)が表示されたことを確認し、パソコンを再起動します。

tips_10

以上で操作完了です。

再起動完了後、言語バーが表示されていることを確認してください。

テキストサービス(ctfmon)を実行する (Windows 8.1 編)

言語バーの表示に関わるプログラムとなるテキスト・サービス(ctfmon.exe)を実行するには、以下の操作手順を行ってください。
※本来はWindowsの起動と同時に本プログラムが自動起動するようになっているのですが、言語バーが表示されない場合は本プログラムの自動起動に問題が発生している可能性が高いです。

「スタートボタン」を右クリックし、「検索」をクリックします。

検索ボックスに「ctfmon.exe」と入力します。

tips_01

検索結果に表示される「ctfmon.exe」を右クリックします。

管理者として実行をクリックします。

tips_02

言語バーが表示されたことを確認して、パソコンを再起動します

tips_03

以上で操作完了です。

Windows を再起動し、言語バーが表示される事を確認してください。

なお再起動後に言語バーが消えてしまった場合には、「2. テキストサービス(ctfmon.exe)をスタートアップに登録する」を行ってみてください。

テキストサービス(ctfmon)をスタートアップに登録する (Windows 8.1 編)

テキストサービス(ctfmon.exe)をスタートアップに登録するには、以下の操作手順を行ってください。

「スタートボタン」を右クリックし、「検索」をクリックします。

検索ボックスに「ctfmon.exe」と入力します。

tips_01

検索結果に表示される「ctfmon.exe」を右クリックします。

ファイルの場所を開く をクリックします。

tips_04

「ctfmon」(または「ctfmon.exe」)を右クリックし、表示された一覧から「送る」にマウスポインターを合わせ、「デスクトップ(ショートカットを作成)」をクリックします。

tips_05

デスクトップ上に「ctfmon – ショートカット」アイコン(または「ctfmon.exe – ショートカット」アイコン)が作成されます。
「ctfmon – ショートカット」アイコン(または「ctfmon.exe – ショートカット」アイコン)を右クリックし、表示された一覧から「切り取り」をクリックします。

tips_06

「スタートボタン」を右クリックし、「エクスプローラー」をクリックします。

「エクスプローラー」が表示されます。

tips_07

アドレスバーに「shell:startup」と入力して、キーボードの「Enter」キーを押します。

tips_08

「スタートアップ」が表示されます。
フォルダー内の何も表示されていないところで右クリックし、表示された一覧から「貼り付け」をクリックします。

tips_09

「ctfmon – ショートカット」アイコン(または「ctfmon.exe – ショートカット」アイコン)が表示されたことを確認し、パソコンを再起動します。

tips_10

以上で操作完了です。

言語バーでの切り替えに慣れている方は突然言語バーが無くなってしまうとやはり不便に感じるようです、その場合には今回紹介した方法を試していただければと思います。