Nedia What's up!

ネディアのエンジニアによるIT技術やサービスの紹介・検証などをお届け!

第2回 CentOS7の新規コマンド

第2回目となる今回は、CentOS7の新規コマンドの説明です。
サービス管理とネットワーク関連のコマンドを紹介します。

サービス管理

service コマンドから systemctl コマンドへ
CentOS7になり、各種サービスの起動・停止・自動起動設定の方法が変わりました。systemd の導入によって service コマンドの使用から systemctl が推奨になっています。

WebサーバソフトウェアであるApacheを例に説明します。

サービスの起動・停止など

サービスの自動起動設定

ネットワーク関連

CentOS7ではネットワーク関連の設定方法が大幅に変更されています。

CentOS6までは/etc/sysconfig/network-scripts配下のifcfg-eth*ファイルを直接編集することで設定を変更することが可能でした。
net-tools パッケージをインストールすることでCentOS7でも継続して同様の方法で変更が可能ですが、NetworkManagerに付属する「nmtui」と「nmcli」コマンドを使用した変更方法が推奨されていますので、
「nmtui」と「nmcli」コマンドについて説明を行います。

nmtuiの使い方

nmtuiは、以前のsystem-config-networkの代替となるコマンドです。これを実行するとGUI経由でネットワーク周りの変更を実施することが可能です。
なお、CentOS7からネットワークインタフェース名の表記が今までのethXと異なり、enXXXXとなっています。

「Edit a connection」を選択

nmtui01

「enp0s3」(例)を選択
「IPv4 CONFIGURATION」
 →Manual
「Addresses」
 →192.168.0.10/24
「GATEWAY」
 →192.168.0.1
「DNS servers」
 →192.168.0.11
「OK」選択

nmtui02

「Quit」選択

nmtui03

nmcliの使い方

上記で行った設定変更をコマンドベースで実行することが可能です。それが「nmcli」コマンドです。
尚、パラメータの変更だけであれば、これまでのように/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-enp0s3 内の設定を直接変更することでも変更は可能です。

パラメータを修正したい場合の一例を紹介します。

こちらの設定変更についても、以下のコマンドを実施後、有効となります。

host名の変更

最後にhost名の変更方法について説明します。
CentOS 6までは、ホスト名の設定を/etc/sysconfig/networkファイルに記述していましたが、CentOS 7では、/etc/hostnameファイルに記述するようになりました。変更するにはこの/etc/hostnameファイルを直接編集しても良いですが、nmcliコマンドで変更する方法を説明します。

host名が変更されたか確認します。

いかがでしたでしょうか?
サービス管理とネットワーク関連のコマンドについての紹介は以上となります。基本的なコマンドの紹介でしたが、CentOS6までと比べて大幅に変更されたことが分かると思います。

次回から2回に分けてCentOS7の基本的なインストール方法について紹介します。

それでは。