Nedia What's up!

ネディアのエンジニアによるIT技術やサービスの紹介・検証などをお届け!

auひかりを導入してみた

今までNTT東日本のフレッツ光を使っていたのですが、「他社の光サービスってどうなの?」と聞かれた際に実際に使ったことがないので回答に困ることがしばしばありました。

何事も経験だろということで、引っ越しを契機に個人宅をauひかりへ変更した感想をブログにしたいと思います。

 

au

■ 導入に至った経緯

  • 前述の通りギガビット回線のauひかりって正直どうなのという興味。
  • 携帯がauなのでスマートバリューで携帯代が安くなる金銭的メリット。

 

■ 申し込みから

  • 5月12日 WEB上で申し込み
  • 5月22日 auスマートバリュー手続きの電話(工事とは関係ない)
  • 6月2日 電話で工事日程確認
  • 6月18日 工事・無事開通

どうしてもフレッツ光と比べてしまうのですが、フレッツ光の申し込みでは数日で電話連絡がきていたので
申し込みから約20日間なんの連絡もなく、放置されているんじゃないかと不安になりました。

 

■ 速度計測

さて、無事開通した最大1Gbpsのauひかり。今まで使っていたフレッツ光ハイスピードタイプは最大200Mbpsなのでどのくらい速くなったのか早速計測しようと思ったら、ここで我が家にはギガビットNICを搭載したパソコンがないことが判明・・・。

仕方なく手元のNexus 7(Wifi)で計測したら、なんと上下100Mbps超えました!

正直フレッツ光と体感の差は感じないのですが、数字は嘘つかないので非常に満足できる回線速度です。

ただ前述のとおり回線工事の連絡が非常に遅かったり、ホームページ見ると結構な勢いで障害が発生していたりするので、不安になることもしばしば。
利用者のケアという観点では、やはりフレッツ光に軍配があがると思います。

また、ホームゲートウェイ等の宅内機器の配線や設定は自分で行わなければなりませんので、全体的にはネットワーク周りの設定がある程度自分でできる人向けかなという気がしました。

上記の理由から、理論値では遅くても一般的な用途ではフレッツ光の方が適しているんじゃないかと個人的には感じました。

 

ちなみに7月1日からNTT東日本でもギガビット回線のフレッツ光ギガスマートの提供が始まりましたので、当ブログを読んで気になった方は検討してみてはいかがでしょうか。

以前紹介したNUROも含め、個人宅のギガビット回線の選択肢が増えてきたのは消費者的には嬉しいですね。

 

というわけでギガビット回線を手に入れたはずなのに、結局宝の持ち腐れ状態の千本木でした。パソコン欲しいなぁ。