Nedia What's up!

ネディアのエンジニアによるIT技術やサービスの紹介・検証などをお届け!

ピアノでプログラミング?


電子ピアノで演奏しながらプログラミングができる[Midichlorian]というソフトがあったのでご紹介します。

ざっくりと説明すると、電子ピアノから発生する電気信号(音)をパソコン側で受取り、電子ピアノの鍵盤とパソコン側で 登録してある文字を対応付けてプログラミングをしてしまおうという事らしいです。

パソコンと電子楽器をつないで、音を加工したり、組み合わせたりして演奏させる・・・DTM(DeskTopMusic)とよばれています。 基本的に外部の音を取り込む場合はマイクから音を拾う。またはMIDI端子を接続して音を取り込むのですが、今回のソフトはMIDIに着目して作成されたソフトです。

流れるような演奏をしながら、プログラミングを組めればすごく面白そうです。 楽譜通りに演奏すればプログラムが完成となるとただキーボードを打つよりも集中できるかもしれません。

面白そうなソフトですが、実用性は?と感じたネットワーク事業部の細谷でした。