Nedia What's up!

ネディアのエンジニアによるIT技術やサービスの紹介・検証などをお届け!

冬のビリビリ対策

群馬では16年ぶりの大雪となり春はまだ遠い感じです。

普段の群馬・前橋は乾燥した冬の日が多いですが、この時期になると忌々しい静電気がよく起こるようになります。

パソコンの部品を扱う以上静電気には特に気を付けて作業をしなければいけません。
ハードディスクやメモリ、マザーボードなどバチッとさせたらと思うと気が気ではありません。。
いざ作業をするときはちゃんと放電して、セーターなども脱いでいます。

特に、下にヒートテックやセーターなどを来ている自分は普段から静電気が酷いです。
会社の扉、車のドア、水道の蛇口までびりびりきます。

ドアノブを触る際におっかなびっくり触るといけないとよくいわれますが、
一気にガツっと触ってもやっぱりビリビリきてしまうんですね。

対策グッズとしては今年はこんなのとか、ストールみたいのがあるようです。

こういうグッズを持ち歩いていても使う場面で忘れてしまうので
やはり、一度放電させるために手を水で洗うが一番確実かもしれません。

静電気関連を調べたらこんな記事がありました。

寝ても疲れる原因…まさか静電気?

静電気が抜ける状態にすることが大事なようですね。

着るものも化学繊維などではなく電気を通しやすいものにしたほうがよさそうです。

今、手元にあるのが化学繊維のヒートテックやセーターばかり、
暖かさをとるか静電気対策をとるか悩んでいるネットワーク事業部の細谷でした。