Nedia What's up!

ネディアのエンジニアによるIT技術やサービスの紹介・検証などをお届け!

ときどき邪魔になる「コントロールセンター」の表示を制限する

こんにちは。ネットワーク事業部の佐藤です。

本日は、前回よりシリーズ化された
iPhone(iPad)で個人的にして良かったと思う設定 其の二です。

皆さんはiphoneでWebブラウザ中などに誤って「コントロールセンター」を
呼び出してしまったことはないでしょうか?

「コントロールセンター」とは、iOS7になって追加された、
下からにょいっと出てくるコレです。

control_center_01

このうっかり操作でお呼びじゃない時も呼び出されてしまう
「コントロールセンター」君ですが、
設定でうっかり操作を防ぐことが可能です。

コントロールセンターの利用を制限するには、
『設定』を起動して「コントロールセンター」をタップする

control_center_02

App内でのアクセス」スイッチをオフにすると、
アプリ起動時にコントロールセンターが起動しなくなります

control_center_03

ちなみに「コントロールセンター」から出来る機能の一覧は
こちらです。
control_center_04

(1)機内モードのオン・オフ
(2)Wi-Fi(無線LAN)のオン・オフ
(3)Bluetoothのオン・オフ
(4)おやすみモードのオン・オフ
(5)画面の縦向きロック
(6)画面の明るさ調整
(7)音楽プレイヤーの操作
(8)AirDrop:iOS対応する端末間で、写真、ビデオ、連絡先などを簡単に共有する機能です。
(9)AirPlay:対応機器にケーブルを接続することなく、動画や音楽をストリーミング配信する機能です。※対応する機器がネットワーク上にある場合に表示
(10)ライト:iPhone背面のLEDフラッシュを点灯できます。
(11)時計
(12)電卓
(13)カメラ

私は2~3個しか使っていなかったのですが、良く見ると結構ありますね。

うっかり操作でなければ、非常に便利に使える機能がまとめられています。

それでは!