Nedia What's up!

ネディアのエンジニアによるIT技術やサービスの紹介・検証などをお届け!

海外の通信事情3 食事編

海外の通信事情3 食事編

ネットワーク事業部の長澤です。
今まで仕事柄、通信について話をしましたが
今回は食事についてお話したいと思います。

インドネシアに行くにあたり現地で食べたいものがありました。
それは・・・ ナシゴレン です。
日本でもいろいろなお店で食べることができますが
インドネシアで本場の味を知りたかったです。
実際、4箇所ぐらいのお店で食べましたがとてもおいしかったです。
日本のナシゴレンと大きな違いはありませんでした。
インドネシアでは宗教上、豚肉は食べないので牛肉か鶏肉が使われていました。
どのお店も日本のものよりピリ辛でした。

またインドネシアではサンバルと言う辛味調味料が
肉・サラダ・シーフードなどいろいろな料理に使われます。
驚いたのがインドネシアにある吉野家の牛丼でもサンバルがついてきました。
食べてみましたが意外とおいしかったです。

その他に食べたインドネシア料理は
ミーゴレン・・・スパイシーな焼きそば
アヤムゴレン・・・鶏肉の揚げ物
チャプチャイ・・・野菜炒め
などいろいろな料理を食べましたがどれもおいしかったです。

インドネシアの料理名は素材+料理法から命名されているものが
多いようです。
例えば
■ナシゴレ。
ナシ(Nasi)・・・ご飯
ゴレン(Goreng)・・・炒める、揚げる

■ミーゴレン
ミー(Mie)・・・麺
ゴレン(Goreng)・・・炒める、揚げる

■アヤムゴレン
アヤム(Ayam)・・・鶏
ゴレン(Goreng)・・・炒める、揚げる

などです。

その他にもお話したいことがありますが次の機会にしたいと思います。