Nedia What's up!

ネディアのエンジニアによるIT技術やサービスの紹介・検証などをお届け!

ノートパソコンのバッテリーの延命方法

battery

ノートパソコンって便利ですよね。

小型で持ち運びができるし、バッテリーを搭載しているので停電があっても大丈夫。

でも長年使っているとノートパソコンのバッテリーが劣化して極端に使える時間が短くなるよ!と嘆いているそこのアナタ。 気付かぬうちにバッテリーに負担をかける使い方をしているかもしれません。

よく見かけるのが、バッテリーを常日頃繋ぎしっぱなしにしている状態です。

バッテリーに使用されるリチウムイオン電池は、高い充電状態、および過度の放電状態では早く劣化が進みますので、充電しっぱなしはバッテリーにとってNG。
充電率20%~80%の間で使用するのが最も良い状態なのです。

また、熱もリチウムイオン電池の劣化を進める一因となりますので、充電しっぱなしの状態は更に良くない状態といえます。

 これらの対策として、HPLenovoなど、 各メーカーが過度の充電を避ける電力マネージメントツールを提供していますので、うまく活用することで、劣化するにしても延命が可能になってきます。

ちなみに、携帯電話で使用されているバッテリーもリチウムイオン電池ですので同じですので、同様に充電しっぱなしには注意したいですね。

 なお、ノートパソコンのバッテリーはどのメーカーでも数千円程度で購入できますので 神経質にならないで寿命が早く来たらそれはそれで買い替えようというのも一つの方法ですよ。

以上、一時期バッテリーに神経質になりすぎたけど、結局今は充電しっぱなしでノートパソコンを使っている千本木でした。