Nedia What's up!

ネディアのエンジニアによるIT技術やサービスの紹介・検証などをお届け!

キーボード探訪

Webサイト担当の竹内です。
今日は皆さんお使いのキーボードについてのお話。

Webサイトの作成や更新作業、今こうやって更新しているブログなどなど・・・。

今会社で使っているキーボードはLogicoolの「CZ-900」というキーボードです。
イルミネートキーボードと言う名前で、文字通り暗いところで光ります。(明るいところでも光っていますが)

パンタグラフ式で、キーボードレイアウトにはクセがなく、deleteKeyが大きめなのがよいところ。
パンタグラフと聞いてノートPCの打ちにくいものを想像する方も多いでしょうが、あれはレイアウトが特殊だったり、
一部のキーが小さくなっていたり、または底面の強度不足でぐにゃぐにゃしているからではないでしょうか?
私はメカニカル式もパンタグラフ式も大好きです。ただ・・・メンブレンだけはどうしても馴染めない。。

プログラマーやコーダーなどキーボードのはしっこのキー(ctrlやShift、十字キー)をよく使う人にとって
クセのないレイアウトは非常に重要かと個人的には思います。
中にはパソコンを買ったときについていた物をそのまま使っている人もいるとは思いますが、
私は気に入ったキーボードを壊れるまで使い倒す派です。

Logicoolの「CZ-900」はすでに絶版になっており、現在使っているものが壊れてしまったら、
また何か良い物を探さないと行けないのです。
ですが、そんな折、ふとAmazonを眺めていたらこんなキーボードを見つけました。

LOGICOOL イルミネートキーボード K740

ロジ

絶版になっていた「CZ-900」の復刻モデルのようです。
脊髄反射でお買い上げ・・・。今自宅のクローゼットで未開封のまま出番を待っている状況です。
初期不良確認すらしていないのですが、Logicoolなので大丈夫でしょう。。。

それでは今日はこの辺で。