Nedia What's up!

ネディアのエンジニアによるIT技術やサービスの紹介・検証などをお届け!

サポート業務6

ネットワーク事業部の長澤です。

突然パソコンの画面全体が青くなり白い文字で英文が表示されたことはありますか?
エラー発生を知らせるブルースクリーンです。

Blue-Screen-of-Death

昨日まで正常に使えていたパソコンが突然青い画面がでてフリーズするので
みなさん慌てながら連絡をくださいます。

ブルースクリーンの原因は多岐にわたります。
ハード的な問題とソフト的な問題で切り分けたりしますが、
まずは大まかに3つの要因を考えます。

1.メモリが原因のブルースクリーン

2.ハードディスクの故障によるブルースクリーン

3.Windowsのシステム不具合によるブルースクリーン

中でも多いのがハードディスクの故障によるブルースクリーンです。
ハードディスクの故障が原因の場合、ハードディスクを新しいものに交換して
Windowsの再インストール、バックアップデータの復旧などを行うしかありません。
メモリやWindowsのシステム不具合が原因の場合でもメモリの交換やOSの再インストールを行います。

ブルースクリーンが表示された時はもしバックアップができるようであれば
バックアップすることをお勧めします。
ブルースクリーンでフリーズしている状態で電源ボタンを長押し(5秒ぐらい)することで
電源を切ることができます。
その後もう一度電源を入れて正常に起動することもあるのでもし起動すれば
外付けHDDやUSBメモリなどに必要なデータのバックアップを取ってください。
ブルスクリーンしか表示されない場合、ネディアではHDDから専用機器を利用してデータを移しています。

ブルースクリーンが出てからではデータの復旧が難しくなるので
日頃からのバックアップがとても大切です。