Nedia What's up!

ネディアのエンジニアによるIT技術やサービスの紹介・検証などをお届け!

新型iPhoneはiPhone 5とどう違う?

新型のiPhoneが9月10日に発表されるという報道がありました。

01

実は個人的にiPhone 5を所有しているので、新型が出るとちょっと悔しいような羨ましいような気がする千本木ですが、社内でiPhone 5からどう変わるの?っていう話題が出てきましたのでちょっと整理と予想をしたいと思います。

iOSのバージョンが7になり、フラットデザインが適用される。

sc0002
これはiPhone 5でもアップデートで適用されるものなのですが一応。
パッと見でインパクトがあるので「もの凄く変わった!」と感じる部分になるかもしれません。

全体的に性能が上がる。

CPUがA7になるとか、メモリが増えるとか、カメラの解像度が上がるとか、全体的な消費電力が下がるとか。
新モデルになればこれも当然です。

プラチナLTEに対応してくるかもしれない。

03
実は携帯電話各社が提供しているAndroid端末のLTEとiPhone 5で使用しているLTEは周波数帯が異なります。

iphone 5で対応するLTEは1.7Gz帯と2.1GHz帯であり、電波がよく飛ぶといわれるプラチナバンドでのLTEに対応していません。

これがLTE接続可能なエリアが限られている一因となっていました。

このiPhone 5のLTE接続エリア拡大に注力してきたのがSoftbankで、au版iphone 5と比べてLTE接続エリア、ネットワーク品質(パケ詰まり)等で有利。しかしながらプラチナバンド帯のLTEのサービス提供はこれからという状況です。

じゃあauはというと、Softbankとは真逆にプラチナバンド帯のLTE接続に力を入れており、全国のエリアも既に人口カバー率99%に到達しているのです。

もしも、新型iPhoneがプラチナLTEに対応してきた場合、この勢力図が一気に逆転し、auが非常に有利になるかもしれません。

非接触充電に対応してくるかもしれない。

この間購入したNexus 7は非接触充電Qiに対応しているのでちょっと期待。

こう考えてみるとあんまり変わらない気もしますが、9月10日に発表です。待ち遠しいですね。