Nedia What's up!

ネディアのエンジニアによるIT技術やサービスの紹介・検証などをお届け!

サポート業務4

ネットワーク事業部の長澤です。

雷が多い季節になりました。
落雷でパソコンやルータなどの電子機器が壊れてしまう場合があるので気を付けたいものです。

今回はパソコン内部に電気が溜まってしまった場合の対処についてお話します。

パソコンには過電流や過電圧を防止する為の保護機能があります。
この保護機能によってパソコンの電源が切れたり電源が入らないといった症状がでます。
こうした場合、パソコン内部に溜まった電気を放電する必要があります。

放電する方法は下記になります。

1 パソコン本体から電源ケーブル・ACアダプタを取り外します
  ノートパソコンの場合はバッテリパックを取り外します。

2 電源ケーブルを取り外した状態でパソコンの電源ボタンを5~6回押します。
  電源ボタンを5秒ぐらい長押しを2回繰り返します。

3 2が終ったら電源ケーブル・ACアダプタ・バッテリパックをつなぎます。

4 パソコンの電源を入れ、パソコンが正常に起動するか確認します。

上記を行ってもパソコンの正常に起動しない場合は機器の故障が考えられるので
修理に出すことを考えなければなりません。

パソコンに電気が溜まりやすいのは空気が乾燥する冬に多いです。
が、パソコンが起動しなくなった時に放電作業をすると直ることが多いので
修理に出す前に試すことをお勧めします。