Nedia What's up!

ネディアのエンジニアによるIT技術やサービスの紹介・検証などをお届け!

サポート業務3

こんにちは。ネットワーク事業部の長澤です。
今回もサポート業務についてお話したいと思います。

2014年4月にWindows XPのサポートが終了しますが利用している人は多いと思います。
XPを利用している人はメールソフトにOutlook Expressを利用している人が多いのではないでしょうか。
まれにOutlook Expressの容量制限のためメールの受信ができないといった
問い合わせがあります。

Outlook Expressはフォルダごとに「.dbx」形式のファイルで構成されていて
このdbxファイルが2GBを超えると正常に動作しなくなります。
現象としては
・メールの受信ができない
・そのフォルダへのメール移動ができない
・メールが見れなくなる
などあります。

対処方法としては
2GBに達してしまったフォルダ内のメールが移動できる場合は
新規に作ったフォルダへメールを振り分ます。
dbxファイルの場合メールを移動させただけでは容量は小さくなりませんので最適化を行います。
メールの移動ができない場合はdbxファイルが破損しているのでツールなどを使いメールを復旧させます。
どちらの場合も問題が解決しても一部のメールが復旧できない場合もあるので注意が必要です。

このような問題がおこらないようにするにはどうすればいいのか?
受信したメールや送信したメールを1つのフォルダで管理するのではなく
複数のフォルダで管理することが大切です。
例えば、
・受信・送信した年ごとにフォルダを分ける
・差出人ごとにフォルダを分ける
などです。

outlook

日頃からのメンテナンスが大切ですね。